「地材地消」毎日を木の温もりにつつまれ森林と共に育つ子供たち。

教育施設

人が集まる空間に木の優しさとあたたかさを、地域材とそこに住む人の手で可能にする「木育」。

カラマツの間伐材を加工して作られる集成材は、経済性や耐久性にも優れていることから、最近は小中学校の机やイスとして活用されています。
これら地元産のカラマツ間伐材を活用することは、森林資源の再利用・再生産に役立つばかりでなく、教育現場における地材地消の実践例として、また子どもたちに森林資源の大切さを学んでもらう「木育」の具体例として役立っています。
また、鉄骨にも匹敵する強度を持つ大断面のカラマツ集成材は、釧路市立東雲小学校の体育館や白糠町立茶路小学校の校舎をはじめ、児童用遊具などにも活用されています。

21年目の社会科見学

21年目の社会科見学

釧路市昭和幼稚園冒険の森

釧路市昭和幼稚園冒険の森

多寄小学校

多寄小学校

釧路ブランド 学校用机椅子(上:タモ材/下:カラマツ材)

釧路ブランド 学校用机椅子
(上:タモ材/下:カラマツ材)

釧路市東雲小学校1

釧路市東雲小学校

釧路市東雲小学校2

釧路市東雲小学校

釧路市東雲小学校3

釧路市東雲小学校

浜中町茶内中学校校舎1
浜中町茶内中学校校舎2

浜中町茶内中学校校舎

白糠町立茶路小学校校舎改築

白糠町立茶路小学校校舎改築